人気の投資マンションで賢く資産運用|優良物件を購入しよう

アパート

投資をすることによって

建物

経済の活発な東京では、マンション経営の人気も高くなっています。マンション経営では、様々な工夫を考えることもできます。快適な間取りの住まいはとても人気となります。そうした住まいを提供することで、マンション経営で高い競争力を保つことも可能となります。

読んでみよう

成功のために重要なこと

電卓

人気となっているマンション経営で成功を収めるためには、空室リスク、管理会社リスク、金利リスクの3つに気を付けることが重要です。空室率を高める工夫をすること、優秀で信頼できる管理会社と契約を結ぶこと、金利負担を減らす努力をすることで、安定的に十分な収益を得ることができるようになります。

読んでみよう

不動産に関することを

握手

投資マンションに対する注目が高くなっているのは、全国的に見て間違いありません。大阪での生活は住まいがより便利ですと、更に快適なものとなります。解放的でシンプルで応用が利くマンションなどの人気は高くなります。人気のある間取りの物件に投資することは、とても大切なこととなります。

読んでみよう

売却を見越した計画が大切

案内

中古物件に優位性

投資マンションを選定する際に大切なことは、収益性を高めるためにできる限り損益分岐点を低く設定することと、何年後に幾ら程度で売却できるかという売却計画を見込んだ上での収益計画を立てた上で購入に値するか否かを判断することです。損益分岐点を低く設定するためには購入コストを安く抑える事が最も効果的です。そして購入コストを安く抑えるために有効な手段として、投資マンションを中古物件の中から選定することが挙げられます。マンションの売買価格は新築物件か、それとも築2〜3年程度の築浅物件であっても中古物件かによって大きく異なります。一方でマンションの賃貸価格は新築でも築5年程度の物件であっても、余程特殊な事情が無い限りほとんど変わることはありません。従って中古の優良物件を探すことで新築物件と同程度の賃料設定のできる投資マンション物件を安い価格で購入することができ、損益分岐点を下げることに繋がるのです。

売却時のの想定が困難

投資マンションを選定する際のもう一つの重要な検討事項である売却計画を立てるためには、収益力と中古マンションの不動産相場の双方を予測する必要があります。日本の不動産市場は中古物件と比べて新築物件に大きな優位性が有ります。ですので投資マンションとして購入した物件もいずれどこかのタイミングで収益力を失います。従って、投資マンションはその後に期待できる収益額をその時点での売却価格が上回るタイミングで売却することが理想なのです。現在マンションをはじめとした不動産投資はかつてない数で普及しています。それらの投資物件が中古不動産市場に出回るタイミングは似通った時期となることが推測されますので、その頃の売却価格の相場の見通しは立て辛いのが実情です。だからこそ、投資マンションの売却額の見通しは厳しめに設定する方が投資の失敗のリスクを軽減することに繋がるのです。